~刑事・雪平夏見シリーズ~舞台「アンフェアな月」

ABOUT

~刑事・雪平夏見シリーズ~
「アンフェアな月」舞台化決定!

小説家・映画監督であり、人気脚本家でもある秦 建日子によって生み出され、
「女刑事主役ハードボイルド小説ブーム」を作り出した大ベストセラー「刑事・雪平夏見シリーズ」。
出版累計157万部。海外翻訳も多数。
シリーズ第1作『推理小説』は、『アンフェア』というタイトルで連続テレビドラマ化され大ヒット。

人として、母として、女として、警察組織の一員として、
犯罪と向き合う刑事・雪平夏見の、人としての葛藤を描き出します。
脚本・演出には、サスペンス作品から、2.5次元作品まで、様々なテーマの作品で活躍中の菅野臣太朗。

2018年2月、本作品を社会派エンターテイメントとして演劇界に投げ掛け、
単なる作品供給だけでなく明日からの生きる勇気や希望をお届けする舞台を創ります。

ストーリー

生後3か月の赤ん坊が行方不明になった。
しかし、泣き崩れる母親が警察に通報してきたのは、行方不明となって8時間が経過してからだった。
特殊班の現場に駆り出された強行班の刑事・雪平は母親による狂言誘拐を疑うが、
母親を問い詰めていたそのとき、犯人らしき人物から電話が入る。
電話の主は、「娘に見合うだけのものを用意しろ」という曖昧な指示を残して電話を切った。
身代金の要求もなく、条件も提示しない奇妙な犯人。
目的の分からないこの犯人に捜査本部が翻弄される中、誘拐された幼児のものと思われる遺留品が、とある山中で発見される。
そこで捜査員たちは予想もしなかったものを見つけ……。

演出 菅野臣太朗コメント

初めて原作の小説を読ませて頂いた時の衝撃を、今でも忘れていません。
綿密に練られた物語や、何処か寂しげで一生懸命生きている人間臭い登場人物達。
描写されている場所は、読んでるだけで匂いがしてきそうな、リアルな池袋の裏路地や目黒の焼き鳥屋ばかり。
そして、視覚的な効果を狙った文字の大小や、読み手の心理状態を揺さぶる白と黒の色遣い。
あっと言う間に小説の中に入り込み、一晩で読んでしまいました。
ドラマや映画で沢山の人を虜にした「アンフェア」シリーズ。
雪平夏見役の篠田麻里子さん筆頭に、カンパニー全員で、お客様に【明日への生きる勇気が与えられる舞台】、
そして【演劇でしか観せれない刑事・雪平夏見】を創作したいと思っています。
あの原作の衝撃を劇場で味わって頂きたい。是非とも劇場へお越し下さい。

菅野臣太朗プロフィール

高校時代の演劇仲間と「エンゲキユニット ヰタ・マキニカリス」を旗揚げし、その全作品の演出を手掛ける。「人間の可笑しさや生きる力をテイストとした笑えて泣けるコメディ」を中心に脚本・演出するオリジナル作品のほか、ミュージカル「忍たま乱太郎」シリーズや「ふしぎ遊戯」などのアニメ・ゲーム原作の舞台を多数の脚本・演出し、今注目を集めるクリエイターの一人。